571-765-7700

特許特定目的地制度は、訴状に記載された被告に限定される。

反訴被告は、合衆国法典第28編第1400条(b)の保護を受けることができない。

BASF社は、オメガ3脂肪酸を生産するために植物の遺伝子を改変したCSIRO(Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)の特許に対抗するため、バージニア州東部地区で宣言的判決を求める訴訟を開始しました。 CSIROは修正された訴状に回答した際、BASFが訴訟を起こした特許以外の6つの特許の侵害に対する反訴を追加した。これらの侵害の反訴は、BASFの商業化パートナーであるCargill, Inc.に対しても行われた。


Cargillは、特許固有の裁判地法である合衆国法律集第28編第1400条(b)が「特許侵害のための民事訴訟は、被告が居住する司法地区、または被告が侵害行為を行い、通常かつ確立した事業所を有する司法地区に提起できる」としており、バージニア州東部地区には居住していないし侵害行為も行っていないと主張した。


連邦巡回控訴裁 カーギル社に対する反訴請求の裁判地が適切であると判断した。.それはまず、Home Depot U.S.A. に注目しました。Inc. v. Jackson, 139 S. Ct. 1743 (2019) に注目し、最高裁は、「米国の地方裁判所が原裁判管轄権を有する州裁判所に提起された民事訴訟は、被告または被告によって、当該訴訟が係属している場所を包含する地区および部門の米国の地方裁判所に移送できる」という規定は、第三反訴被告は反訴の「被告」ではあっても「民事訴訟」の被告ではないため、移送権を与えないことを決定した。合衆国法律集第28編第1400条(b)の「民事訴訟」と「被告」の使い方が似ているため、Cargillのような第三者反訴被告には第1400条(b)の保護は適用されないとCAFCは裁定したのである。


CAFCは、Cargillがバージニア州東部地区で侵害行為を行ったと認定し、この結果を支持した。そして、BASFの侵害行為は、CargillとBASFのパートナーシップによる遺伝子組換え体の特許保護を得るという目的を推進するものであったため、Cargillに帰属すると判断した。


ジョイントベンチャーを行う事業者は、味方が宣言的判断訴訟を起こした場合、28 U.S.C. § 1400(b)に基づき特許権者が利用できる地区以外で特許侵害で訴えられる可能性があることに注意する必要があります。